コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口語り クチガタリ

デジタル大辞泉の解説

くち‐がたり【口語り】

浄瑠璃や歌などを三味線なしに語ったり歌ったりすること。
義太夫節の一段を口(くち)・中(なか)・切(きり)と分けたとき、口または中の部分を語る太夫端場(はば)語り。→切り語り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちがたり【口語り】

浄瑠璃一段を口くち・中なか・切きりに分けたとき、口を語ること。また、それを語る太夫。切り語りよりも格の低い太夫が受け持つ。端場はば語り。 → 切り語り
浄瑠璃などの語り物を三味線の伴奏なしで語ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口語りの関連キーワード切り語り・切語り脂取り江談抄切語り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口語りの関連情報