口語り(読み)クチガタリ

大辞林 第三版の解説

くちがたり【口語り】

浄瑠璃一段を口くち・中なか・切きりに分けたとき、口を語ること。また、それを語る太夫。切り語りよりも格の低い太夫が受け持つ。端場はば語り。 → 切り語り
浄瑠璃などの語り物を三味線の伴奏なしで語ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口語りの関連情報