コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一段 イチダン

デジタル大辞泉の解説

いち‐だん【一段】

[名]
階段などのひときざみ。または、地位・技能などの段階の一つ。「段位が一段上がる」
文章や語り物などのひとくぎり。「義太夫を一段語る」
[副]比べると、かなりのちがいのあるさま。ひときわ。いっそう。ずっと。「一段(と)りっぱになった」「スピードが一段(と)加わる」
[アクセント]はイダン、はイチダン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちだん【一段】

[2] ( 名 )
階段・段階などのひときざみ。 「 -上のランク」
文章・語り物などのひと区切り。 「義太夫を-語る」
[0] ( 副 )
(多く「いちだんと」の形で)はっきりと差があるさま。ひときわ。格別に。 「 -と見栄えがする」 「お勢が帰宅してからは、-足繁くなつて/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一段の関連キーワードジューイッシュノーズイグニッションキー多段式ロケット切り場・切場落ち縁・落縁モニター屋根声を励ますアクセント上を行くメタ言語べた記事下段の間一段活用正格活用佐藤一段段だら筋紛らせる義太夫梯の子段丘崖

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一段の関連情報