コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大夫 たいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大夫
たいふ

もと中国古代の官位名。その後広く有位高官の者をいった。日本では,律令制下,中宮職春宮 (とうぐう) 職,その他の各職の長官名をいい,「だいぶ」と呼んだ。また一位以下,五位以上の有位者を総じて大夫といったが,のち五位だけに用い,「たいふ」「たゆう」と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐ふ【大夫】

中国、代の職名卿(けい)の下、の上。
律令制で、一位以下五位までの者の称。また特に、五位の通称。
伊勢神宮の神職。五位の位をもつ権禰宜(ごんねぎ)。
江戸時代、大名の家老を敬っていう語。
の別名。→大夫(たゆう)

だい‐ぶ【大夫】

律令制で、職(しき)およびの長官。「右京大夫」「東宮大夫

たゆう〔タイフ〕【夫/夫】

たいふ(大夫)1
神主禰宜(ねぎ)などの神職の称。たいふ。
御師(おし)の称。
芸能をもって神事に奉仕する者の称号。
猿楽座の座長。江戸時代以降は、観世金春(こんぱる)宝生金剛四座の家元をさして、観世太夫などという。古くは能のシテ役をさした。
説経節および義太夫節などの浄瑠璃系統の音曲語り手。また、義太夫など、名前としても使う。
歌舞伎で、立女形(たておやま)の敬称。
近世後期、大道芸門付け芸などの芸人の称号万歳の太夫など。
官許の遊女のうち最上位。松の位

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大夫【たいふ】

(1)中国の周の職名。卿(けい)の下,士の上。(2)大和朝廷の豪族会議の議員。〈まえつぎみ〉とも読む。(3)〈だいぶ〉と読む。律令官制での中宮職(ちゅうぐうしき)や春宮坊(とうぐうぼう)などの長官。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいふ【大夫】

もとは中国周代の官位として,卿(けい)の下,士の上の地位の名称。その後,中国歴朝における各種の官位の呼称となった(〈士大夫〉の項目参照)。日本でははじめ広く尊称として用いられ,令制以前には天皇の御前に侍して奏宣し,議政に参与した〈まへつぎみ〉にも〈大夫〉の字をあてた。令制では,一位以下五位以上を喚(め)す辞(ことば)として〈大夫〉の称を用いることを規定している。官職名でも中宮職・春宮坊・左右京職などの長官を大夫と称し,さらに大弁を〈長官弁〉とか〈弁大夫〉と称した例も記録に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいふ【大夫】

中国、周代の官職の一。卿けいの下、士の上に位する。
律令制で、一位から五位までの人の総称。または五位の通称。
律令制で、職・坊の長官。だいぶ。
大名の家老の異名。
〔秦の始皇帝が封禅のため泰山に登った際、雨やどりした松の木に大夫の爵位を与えたという故事から〕 松の異名。
神主・禰宜ねぎなど神職の呼称。 → たゆう

だいぶ【大夫】

〔「大輔たいふ」と言い分けるための読み方という〕
律令制で、職・坊の長官。たいふ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大夫
たいふ

古訓は「まへつきみ」。大化前後の時代に、大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)とともに朝政に参画し、また奏宣のことを行った官職。『日本書紀』の舒明(じょめい)即位前紀に、皇位継承に関する朝議に大夫が参加したことがみえ、また同前紀に「厳矛(いかしほこ)の中取りもてる事の如(ごと)くにして奏請する人等」とあるのは、天皇と臣下の間にたって中を取りもった大夫の職務をさしていったものと考えられる。律令(りつりょう)官制の整備に伴い、大夫の官職的な性格は失われ敬称化した。公式(くしき)令に、太政官(だいじょうかん)においては三位(さんみ)以上を大夫、寮以上においては四位を大夫、司(し)および中国以下においては五位以上を大夫と称する規定があるが、のちには五位の通称として大夫の語を用いるようになった。なお、中宮職(ちゅうぐうしき)、春宮坊(とうぐうぼう)、皇后宮職などの長官は「だいぶ」と読む。[柳雄太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大夫の言及

【春秋戦国時代】より

…これ以後,歴史は楚を中心とする南と,晋を中心とする北との対立の形勢となり,両強国の間にあった諸国は,2国の抗争に巻き込まれ,戦いに明け暮れた。しかも諸国の内部では身分制が崩れて内乱が頻発したため,しだいに平和を求める声があり,前546年に宋の都で晋・楚など10ヵ国の大夫が集まり和平の誓いがなされ,10余年の平和が保たれた。この間,2国はそれぞれ諸国を集めて会盟を行い,しだいに国家連合が形成され,統一国家への気運が出はじめた。…

【大夫】より

…もとは中国周代の官位として,卿(けい)の下,士の上の地位の名称。その後,中国歴朝における各種の官位の呼称となった(〈士大夫〉の項目参照)。日本でははじめ広く尊称として用いられ,令制以前には天皇の御前に侍して奏宣し,議政に参与した〈まへつぎみ〉にも〈大夫〉の字をあてた。…

【太夫】より

…一部芸能者の称号。大夫とも書く。元来は中国における五位にならって,日本でも五位の官人が芸能・儀式をとりしきるならわしが古代にあった。…

【大夫】より

…もとは中国周代の官位として,卿(けい)の下,士の上の地位の名称。その後,中国歴朝における各種の官位の呼称となった(〈士大夫〉の項目参照)。日本でははじめ広く尊称として用いられ,令制以前には天皇の御前に侍して奏宣し,議政に参与した〈まへつぎみ〉にも〈大夫〉の字をあてた。…

※「大夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大夫の関連キーワード豊竹島太夫(7代)豊竹呂太夫(3代)竹本織大夫(5代)竹本綱大夫(9代)呼び出だす無官の大夫北小路俊孝小林良典木津彦七古上達部卿大夫士史の大夫喜多長能揚屋入り春宮大夫高橋俊璹喜多宗能喜多定能喜多古能豊島泰盛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大夫の関連情報