口鼓(読み)クチツヅミ

デジタル大辞泉の解説

くち‐つづみ【口鼓】

口で鼓を打つような音を出すこと。舌つづみ。
「―を撃ち伎(わざ)を為して歌曰(うた)ひけらく」〈・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちつづみ【口鼓】

舌で鼓を打つような音を出すこと。舌つづみ。 「 -ヲナラス/ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐つづみ【口鼓】

〘名〙 口で鼓を打つような音をだすこと。舌打ちをすること。舌つづみ。
※古事記(712)中「口鼓(くちつづみ)を撃ちて、伎(わざ)を為して歌ひて曰はく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android