コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市義秀 ふるいち ぎしゅう

1件 の用語解説(古市義秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市義秀 ふるいち-ぎしゅう

1896-1985 大正-昭和時代の僧。
明治29年11月3日生まれ。三重県玉泉寺の穂波秀海らに師事。滋賀県光輪寺,福井県引接寺の住職などをへて,昭和42年天台真盛宗(しんぜいしゅう)宗務総長,49年総本山西教寺貫主,同宗管長となる。昭和60年2月15日死去。88歳。三重県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古市義秀の関連キーワード深刻小説朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議川崎造船所スペイン映画グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone