コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住職 ジュウショク

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐しょく〔ヂユウ‐〕【住職】

寺の長である住持

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住職

一般的に寺院の代表役員のこと。宗教年鑑(14年版)によると、主要10宗派僧侶ら「教師数」は約9万3千人(うち女性は約9500人)で、10年前より約1万2千人減った。宗派によって異なるが、僧侶になるには剃髪(ていはつ)するなどして出家し、系列の宗門校などで学び、本山や専門道場で修行する。住職には世襲でなることが多い。

(2015-10-11 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしょく【住職】

一般的には,一寺を管領する最高位の僧職をさす。古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称尊称がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうしょく【住職】

( 名 ) スル
一寺を主管すること。また、その職分。寺の長である僧。住持。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住職
じゅうしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

住職の関連キーワード如意輪寺徳定藤原 日迦浅草寺栄海他阿弥陀仏柳原常子御室門跡村上慈海池坊専啓上月諦了福田行誡卜半瑞山山門不幸土山沢映友松円諦中村祖順遊行上人鉄翁祖門摂家門跡春見文勝狭川明俊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住職の関連情報