住職(読み)ジュウショク

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住職

一般的に寺院の代表役員のこと。宗教年鑑(14年版)によると、主要10宗派僧侶ら「教師数」は約9万3千人(うち女性は約9500人)で、10年前より約1万2千人減った。宗派によって異なるが、僧侶になるには剃髪(ていはつ)するなどして出家し、系列の宗門校などで学び、本山や専門道場で修行する。住職には世襲でなることが多い。

(2015-10-11 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしょく【住職】

一般的には,一寺を管領する最高位の僧職をさす。古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称尊称がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうしょく【住職】

( 名 ) スル
一寺を主管すること。また、その職分。寺の長である僧。住持。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住職の関連情報