コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古往来 こおうらい

1件 の用語解説(古往来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古往来
こおうらい

往来物のうち,特に中世末期までの古いものをさす。『明衡往来』『庭訓往来』などがあり,主として手紙文集の形態を保持している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の古往来の言及

【往来物】より

…また初等教科書としての往来物は,政治・法制などの歴史史料と異なり,日常生活を送るうえで必要な実用的知識を網羅的に記すという性格を持っているため,社会や文化の歴史を知るための資料として,他に代えがたい価値を持っている。 数多い往来物の中で,近世以前に作られたものを,一般に古往来と呼ぶ。現在40種が知られる古往来の中で,もっとも古いものとされるのは《明衡(めいごう)往来》であり,11世紀に文章博士,大学頭などを歴任した藤原明衡(あきひら)によって作られた。…

※「古往来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone