コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往来物 おうらいもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往来物
おうらいもの

平安時代から明治初期にかけてつくられた初歩教科書総称往来手紙のやりとりの意味で,平安時代のものは手紙の模範文例集であった。鎌倉時代になると,手紙を書くのに必要な単語,句,単文などを集めたものもつくられるようになり,教科書的色彩をもつようになった。江戸時代には,寺子屋などで用いる各種の教科書類を往来物と称するようになる。なお,江戸時代以前のものを古往来と呼ぶことがある。現存最古のものは平安後期成立の『明衡 (めいこう) 往来』で,『季綱往来』 (藤原季綱) ,『東山往来』 (清水寺別当定深) などが続くが,古往来のなかでは,室町時代初期と推定される『庭訓往来 (ていきんおうらい) 』が最も普及した。江戸時代になると,庶民の文化と生活の発達,寺子屋の普及に伴い,『商売往来』『百姓往来』『職人往来』などをはじめとする多種多様のものがつくられ,その数は 3000種をこえたといわれる。明治に入り,新制度の学校教科書ができてのちは存在意義をなくした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうらい‐もの〔ワウライ‐〕【往来物】

平安末期から明治初期にかけて編集・使用された、一種の初歩教科書の総称。「明衡往来(めいごうおうらい)」に始まり、初めは手紙の模範文例集であったが、近世では項目も多様化し、寺子屋の教科書となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

往来物【おうらいもの】

平安末期から明治初期まで使われた初等教科書。往来とはもともと往復1組の手紙集のことで,のち単語,文を集めたものもいうようになり,その内容も教訓ものから実学的なものにまで及んだ。
→関連項目教科書消息

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうらいもの【往来物】

平安後期から明治初期まで,ひろく使用された初等教科書の一群を総称していう。往来ということばは,手紙,とくに往復書簡を意味したが,平安後期に,文筆に携わる公家が,初等教科書として往復書簡集の形をとる書簡文例集を作るようになったのにはじまり,初等教科書をさすことになった。鎌倉時代に入ると,数々の往来が作られる中で書簡集形式をとらないものでも,往来の名を称するものがあらわれ,室町時代には武家や僧侶の間で用いられるものも作られ,内容・形式の多様化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうらいもの【往来物】

平安末期から明治初期まで広く行われた、庶民教育の初等教科書の総称。初めは書簡文の模範文例集であったが、江戸時代には歴史・地理など、日常生活に必要な知識を教えるものとなった。「明衡往来」「尺素せきそ往来」「庭訓ていきん往来」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

往来物
おうらいもの

平安後期から明治初期にかけて用いられた初等教科書の総称。単に「往来」ともいう。往来とは最初、往復一対の手紙文をいくつも集めて編まれた形式に由来する名称であったが、近世ではおよそ初等教科書として用いられるものをすべて往来物とよぶようになった。平安後期から室町時代にかけての往来を「古往来」と総称する。その代表的なものを編纂(へんさん)形式によって例示すれば、種々さまざまな往復一対の手紙文を収録した『明衡(めいごう)往来』(平安時代。書状27通)、1か月往復2通、1年で24通の模範的手紙文を集めた『十二月(じゅうにげつ)往来』(鎌倉時代)、手紙文に用いられる語句を多数集めて、手紙文学習の基礎を与えることを意図した『雑筆(ぞうひつ)往来』(鎌倉時代。33条目453句)、手紙文とそれについての詳細な解説とを交互に配列して学習の便を図った『庭訓(ていきん)往来』(室町時代。書状12か月25通)、手紙文以外のさまざまな文型からなる『富士野(ふじの)往来』(室町時代)などがある。このように古往来はしだいに初等教科書としての形式・内容を整えていき、その対象も当初の貴族・僧侶(そうりょ)の子弟に加えて、中世以降、武士の子弟も含まれるようになり、実用的色彩を強めていく。また『庭訓往来』をはじめとして、近世の寺子屋においても引き続き用いられた例も少なくない(江戸時代刊行の『庭訓往来』は約170種類)。
 江戸時代になると、庶民教育機関としての寺子屋の普及と学習人口の増加によって、往来物の種類も出版部数も飛躍的に増加し、内容にも学習上のくふうが加えられ多様化していく。次にそれらを内容(教科)によって大まかに分類し、代表的なものを例示する。
(1)国語科 「字尽(じつくし)」や「名寄(なよせ)」と総称される往来は、日常生活や生産活動に関係深い語彙(ごい)(漢字)の学習を目的とするもので、『七ツいろは』、『弘法(こうぼう)字尽』『童学萬用(どうがくまんよう)字尽』『百官名尽(ひゃっかんなつくし)』『万花(よろずはな)つくし』『名字(みょうじ)往来』などさまざまなものがあった。日常生活に多用される実用的な短文を集めた『伊呂波(いろは)文章』などのほか、武家用文章や庶民用文章の模範を集めた往来もあり、また『消息(しょうそく)往来』、『風月往来』のように種々の手紙文の範型を編集したものもあった。
(2)教訓科 『実語教・童子(どうじ)教』『今川状』『孝行往来』『寺子教訓書』など。
(3)地理科 全国の国名を列挙した『日本国尽(くにつくし)』、街道とその宿駅の知識を与える『東海道往来』『中山道(なかせんどう)往来』などのほか、『江戸往来』『都名所往来』『竜田詣(たつたもうで)』『鎌倉詣』などがあった。
(4)産業科 都市の寺子屋向けに『商売往来』『問屋(といや)往来』『八百屋(やおや)往来』『本屋往来』『大工番匠(ばんしょう)往来』、農漁村の寺子屋向けに『田舎(でんしゃ)往来』『農業往来』『船方(ふなかた)往来』、そのほか『諸職往来』『質屋往来』から『娼家(しょうか)往来』などに至るまで、職業ごとの需要に応じた諸種の往来が用意されていた。
 このほか年中行事に関するもの、法度(はっと)や触書(ふれがき)を集めたもの、伝記や史詩など、近世の往来物は多種多様であり、とくに地理、産業に関する往来には地域社会の実情に即して編まれたものも少なくない。これらは庶民教育としての近世寺子屋教育の多様で充実した展開を物語っている。また女子用の往来も多数出版されていた。[小股憲明]
『石川謙・石川松太郎編『日本教科書大系 往来編』(1977・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の往来物の言及

【教科書】より

…これは《庭訓往来》の内容を絵で示し,それによってその意味を理解させようとしたものである。教育用に使う往来物だけでなく,民衆の間には絵草紙が普及し,彼らは自らこれを使って学ぶということが多くなった。 いまあげた往来物は,はじめ往復一組の手紙を何通か集めた書物であり,日常生活に必要な手紙文の範とされていたが,江戸時代には初等教科書一般を指し,その内容は地理,実業,教訓など多方面にわたるようになった。…

【新猿楽記】より

…それぞれに生の人間の生活をバラエティゆたかに反映していて興味深い。このように本書は人事百般を部類して,それぞれの項目に属する事物を往来物風に列挙して,職人尽し・物尽しの観を呈し,なかには現在意味不明のものも少なくないが当時の社会生活のくまぐまのディテールを知るうえでの貴重な資料となっている。 ところで,往来物とは,初学者の教育のために広範な実用的知識を列挙して,物尽しの形式で示すものが多く,消息の贈答の形式をとる場合もあるが,明衡は,別に《明衡(めいごう)往来》を著して往来物の祖とされている。…

※「往来物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往来物の関連キーワード芝全交(2代)岡村 金太郎異制庭訓往来松会三四郎百合若大臣本朝三字経十返舎一九田村梶子堀流水軒高井蘭山中山忠親日本国尽消息往来実語教蔀関牛女今川森春渓石川謙水団羊羹

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

往来物の関連情報