古札(読み)ふるふだ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふる‐ふだ【古札】

〘名〙 古くなった社寺の守護。年末に、その年の初めにもらったお札をさしていう。
※俳諧・桜川(1674)冬「古札をおさめぬる日や惣まくり〈幽志〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android