コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古活字本 コカツジボン

デジタル大辞泉の解説

こ‐かつじぼん〔‐クワツジボン〕【古活字本】

古活字版

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こかつじぼん【古活字本】

文禄(1592~1596)から慶安(1648~1652)頃までに刊行された、活字で印刷された本。文禄の役で朝鮮の活字印刷技術が導入されたことによる。慶長勅版・伏見版・駿河版・嵯峨本など。古活字版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古活字本の関連キーワード飾りをおろす然はそうずがらめかす面つれなし羽を垂れる名乗り掛く能芸・能藝腹を召す覚悟の前塞き合ふ罷り成る落ち失す世に越ゆ鼻を欠く陽に開く慶長勅版枌楡の居栄やかす目合はす立ち所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古活字本の関連情報