コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長版 けいちょうばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶長版
けいちょうばん

慶長古活字版ともいう。徳川家康の命で慶長年間 (1596~1615) に活字で出版された書物総称文禄1 (1592) 年からの朝鮮出兵によってもたらされた活字印刷技術によるもので,『貞観政要』『吾妻鏡』などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいちょう‐ばん〔ケイチヤウ‐〕【慶長版】

慶長年間に木製活字で印刷・出版された書籍の総称。慶長活字本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうばん【慶長版】

日本において,慶長年間(1596‐1615)に開版された出版物の総称。(1)1597年の《錦繡(きんしゆう)段》《勧学文》に始まり,99年の《日本書紀神代巻》《古文孝経》などを経て1603年の《白氏五妃曲》にいたる後陽成天皇勅版,(2)1599年の《孔子家語》《六韜(りくとう)》《三略》に始まり,1600年の《貞観政要》その他を経て06年の《七書》にいたる徳川家康の伏見版,(3)徳川家康が駿府(すんぷ)に引退してから金地院崇伝,林道春に命じて開版させた15年の《大蔵一覧集》(いわゆる駿河版)のほか,(4)1605年富春堂五十川了庵が刊行した《太平記》その他がこれに属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいちょうばん【慶長版】

慶長年間に出版した書籍の総称。多くは木活字本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android