コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可燃性生物岩 かねんせいせいぶつがん caustobiolith

1件 の用語解説(可燃性生物岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

可燃性生物岩

有機物起源の燃えやすい炭質物を含む岩石[Potonie : 1908].腐食岩(humilite)や腐泥岩(sapropelite)など可燃性の生物岩を包含する術語.石炭の種々の類,含石油または瀝青岩などがすべてこれに含まれる[渡辺編 : 1935].コーストリス(caustolith)[Grabau : 1920].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可燃性生物岩の関連キーワード空晶石鉱物起源岩ハイドロズーライト植成土壌瀝青粘土ダウニアライトガス頁岩瀝青頁岩点紋マール瀝青質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone