台風番号(読み)たいふうばんごう(英語表記)typhoon number

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台風が発生した場合,その年の発生順に元号および西暦を組み合わせて,気象庁が台風に付す番号。たとえば,2009年(平成21年)の 9番目に発生した台風で,元号を使う場合は「平成21年台風第9号」と表示し,おもに気象情報文等で用いる。西暦を使う場合は,西暦年の下 2桁と台風番号を合わせて 4桁の数字で表す国際共通番号を使用し,「台風0909」「T0909」等と表示し,天気図等で用いる。今日の番号制になったのは 1953年の台風からで,それ以前は 1947年から 1952年にかけてアメリカ軍がつけた女性名(カスリーン,ジェーンなど)が使われていた。(→台風の呼び名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android