右衛門尉国久(読み)うえもんのじょう くにひさ

朝日日本歴史人物事典の解説

右衛門尉国久

室町時代に幕府将軍足利義政の寵愛を受け,小川殿や東山殿の造営に関与して権勢を振るった御大工。ここから発して,衛門(右衛門)が幕府方番匠の棟梁頭の職名になったと推定される。のち,右衛門宗広,右衛門定宗などの棟梁頭の名がみえる。

(永井規男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android