銀閣寺(読み)ぎんかくじ

デジタル大辞泉の解説

ぎんかく‐じ【銀閣寺】

京都市左京区にある慈照寺通称足利義政の山荘東山殿(ひがしやまどの)を、義政の死後、遺言により禅寺としたもの。初期の書院造り遺構として貴重な東求堂(とうぐどう)と、2層の観音殿(いずれも国宝)、それに白砂を盛り上げた庭園が残る。観音殿は、銀箔を押す計画があったところから、銀閣とよばれる。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

銀閣寺

京都府京都市左京区にある臨済宗相国寺派の寺院、東山慈照寺の通称。15世紀末、足利義政の山荘東山殿を、遺言により禅寺としたもの。寺の名は義政の法号慈照院にちなみ、通称は観音殿(国宝)の呼び名・銀閣に由来。銀閣は鹿苑(ろくおん)寺の金閣にならい、銀箔をおす計画があったが実現しなかった。庭園は国の特別史跡・特別名勝に指定。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんかくじ【銀閣寺】

京都市左京区にある慈照じしよう寺の通称。臨済宗相国寺派の寺。山号は東山。寺内に銀閣のあることからこの名がある。足利義政の山荘東山殿を遺命により夢窓疎石を勧請開山として禅寺に改めたもの。現在は銀閣と東求とうぐ堂が残る。瀟湘しようしよう八景の意匠による庭園は相阿弥の造築で、東山文化を代表する名園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銀閣寺の言及

【慈照寺】より

…京都市左京区にある臨済宗相国寺派の寺。通称銀閣寺,正式には東山慈照禅寺。1490年(延徳2),足利義政の菩提を弔うため,如意嶽のふもとに義政が営んだ東山殿(ひがしやまどの)(東山山荘)を禅寺に改めて開創された。…

※「銀閣寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀閣寺の関連情報