造営(読み)ぞうえい

精選版 日本国語大辞典「造営」の解説

ぞう‐えい ザウ‥【造営】

〘名〙 家屋などを建てること。また、その建てたもの。多くは神社・寺院・皇居・大家などにいう。
※続日本紀‐天平一三年(741)九月丙辰「為造営、差発大養徳、河内、摂津、山背四国夫五千五百人
※源平盛衰記(14C前)一八「自力造営(ザウエイ)の事は、争(いかでか)叶ふ可きなれば」
※随筆・胆大小心録(1808)一五八「奈良の造営の美観にもまさりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の造営の言及

【作事】より

…殿舎,邸宅等を築造すること。神社,仏閣の築造は室町時代とくに造営といった。また普請は築地,庭園の造作等の土木工事を指す語として用いられた。…

※「造営」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android