造営(読み)ゾウエイ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐えい〔ザウ‐〕【造営】

[名](スル)社殿・宮殿などを建てること。「大仏殿を造営する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうえい【造営】

( 名 ) スル
社寺・宮殿などを建てること。 「皇居を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐えい ザウ‥【造営】

〘名〙 家屋などを建てること。また、その建てたもの。多くは神社・寺院・皇居・大家などにいう。
※続日本紀‐天平一三年(741)九月丙辰「為造営、差発大養徳、河内、摂津、山背四国夫五千五百人
※源平盛衰記(14C前)一八「自力造営(ザウエイ)の事は、争(いかでか)叶ふ可きなれば」
※随筆・胆大小心録(1808)一五八「奈良の造営の美観にもまさりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の造営の言及

【作事】より

…殿舎,邸宅等を築造すること。神社,仏閣の築造は室町時代とくに造営といった。また普請は築地,庭園の造作等の土木工事を指す語として用いられた。…

※「造営」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造営の関連情報