コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併特例債 ガッペイトクレイサイ

デジタル大辞泉の解説

がっぺい‐とくれいさい【合併特例債】

平成の大合併による新市町村建設計画の事業費として特例的に起債できる地方債。事業費の95パーセントに充当でき、国が返済の70パーセントを負担する。発行期限は合併から15年(東日本大震災の被災地は合併から20年)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

合併特例債

平成の大合併」の際に設けられた財政支援措置の一つ。公共施設建設など事業費の95%まで充てることができ、返済額の7割を国が負担する。06年3月末までに合併した自治体対象。利用期間は合併後10年間だが、東日本大震災後、申請すれば5年間延長できるようになった。

(2015-04-22 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

合併特例債の関連キーワード総合文化施設(仮称・あかがねミュージアム)情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業龍ケ崎市と利根町の合併話関市の健康福祉交流施設延岡市新庁舎建設工事徳山駅周辺整備計画出雲阿國座(仮称)松本・四賀直結道路西部道の駅整備事業三原市庁舎移転問題新・鶴岡市文化会館合併の旧法と新法県内の合併第2幕新市建設計画新合併特例法交流拠点施設市町村合併

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合併特例債の関連情報