平成(読み)ヘイセイ

デジタル大辞泉の解説

《「春秋左氏伝」文公一八年、あるいは「書経」大禹謨、「史記」五帝紀にみえる「地平かにして天成る」「内(うち)平かにして外成る」から》わが国の、1989年1月8日から2019年4月30日までの年号。→令和
[補説] 
2018年5月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2018」キャンペーンでの「平成」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆好景気から不景気、二度の震災から復興の道のりに向かっていった時代。
昭和世代さん

◆いろいろあったけど、なんだかんだ平和だった元号。
かずちょさん

◆「何か」を生み出したが「何か」がなくなってしまった時代。
halyoshiさん

◆ゆとりが生まれ、生活からゆとりが姿を消した時代。
朔野さん

◆手に持つものが「雑誌」から「スマホ」に替わった時代。
Takaさん

2018年12月22日放送「ニュースな日本語」でのコメント

◆テレビを置く場所が自由になった時代。
カズレーザーさん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。1989年から現在にいたる、今上(きんじょう)天皇の代の元号。前元号は昭和(しょうわ)。1989年(平成1)1月8日改元。1989年(昭和64)1月7日に昭和天皇が崩御、今上天皇の践祚(せんそ)にともない「元号法」に基づいて改元が行われた。現憲法のもとでの最初の改元。『史記(しき)』『書経(しょきょう)』を出典とする命名

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① (形動) 世の中の万物がうまくととのうこと。また、そのさま。〔楊慎‐別陳玉〕
② なかなおりすること。和解。〔布令字弁(1868‐72)〕
[2] 日本の現在の年号。昭和六四年(一九八九)一月七日、昭和天皇崩御、明仁親王践祚に伴い改元。一月八日、平成元年となる。出典は「史記‐五帝本紀」の「内平外成」、「書経‐大禹謨」の「地平天成」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

平成の関連情報