コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成物 ゴウセイブツ

デジタル大辞泉の解説

ごうせい‐ぶつ〔ガフセイ‐〕【合成物】

各構成部分が固有の性質を保ちながら、結合して一つの形態になっている。法律上、1個の物として扱われる。家屋・宝石入り指輪など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうせいぶつ【合成物】

個々の部分がそれぞれ固有の性質を保ちつつ、一つの形に構成されているもの。法律上、単一の物として扱われる。建物・宝石入り指輪などはその例。 → 集合物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の合成物の言及

【付合】より

…権原に基づき播植した種苗が生育し独立性を有するに至ったときも同様である(242条但書)。動産の付合の場合は,新たな一物(合成物)の所有権は主たる動産の所有者が取得する(243条)。しかし,主従の区別ができないときは,各動産の所有者は付合当時の価格割合に応じて合成物を共有する(244条)。…

※「合成物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合成物の関連情報