家屋(読み)かおく

精選版 日本国語大辞典「家屋」の解説

か‐おく ‥ヲク【家屋】

〘名〙 人の住む建物。家。すまい。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月一三日「令火、家屋焼亡」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家屋の言及

【建物】より

…建築基準法上は建築物という用語が用いられており,法の目的の相違から建物概念と少しのずれがある(建築物のほうがやや広い概念である)。地方税法は家屋という用語を用い,家屋に対し固定資産税を課しているが,これは,住家,店舗,工場(発電所および変電所を含む),倉庫その他の建物をいうとされる(341条3号)。建物登記簿は家屋課税台帳の基礎になるので(同条12号),基本的には建物と重なりあう概念であるといえよう。…

※「家屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android