合理的農業の基礎(読み)ごうりてきのうぎょうのきそ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合理的農業の基礎
ごうりてきのうぎょうのきそ

ドイツの農学者テーアA. D. Thaerの著。全4巻。1809~12年刊行。原題はGrundzüge der rationellen Landwirtschaft。テーアはこの書で、イギリスで発達した農作業のあり方としての輪作体系を論理的に発展させ、新興国ドイツの農業発展に大きく寄与した。彼が取り入れたのは、当時広く行われていた三圃(さんぽ)農法をさらに進めた四圃式農法であった。その研究のもとになったのは、1798年から1804年にかけて彼の著した『イギリス農業経済序説』Einleitung zur Kenntnis der englischen Landwirtschaftである。

[福島要一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android