コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合金接合型トランジスタ ごうきんせつごうがたトランジスタalloy junction type transistor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合金接合型トランジスタ
ごうきんせつごうがたトランジスタ
alloy junction type transistor

トランジスタを製法により分類した名称の一つ。たとえばn型ゲルマニウムの薄片上にインジウムの小片を載せて,500~600℃で数分加熱し,合金化技術により接合部を製作したトランジスタをいう。冷却時にインジウムを多量に含んだp型ゲルマニウムが形成されるが,ベース層の幅の制御がむずかしい。比較的高周波特性がよい。合金接合をつくる操作と一緒に不純物拡散を行い,ベース内に不純物の密度分布をもたせ,より高周波化を目指した合金拡散型トランジスタ alloy diffusion type transistorもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

合金接合型トランジスタの関連キーワードメサ型トランジスタ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android