合金接合型トランジスタ(読み)ごうきんせつごうがたトランジスタ(英語表記)alloy junction type transistor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合金接合型トランジスタ
ごうきんせつごうがたトランジスタ
alloy junction type transistor

トランジスタを製法により分類した名称の一つ。たとえばn型ゲルマニウムの薄片上にインジウムの小片を載せて,500~600℃で数分加熱し,合金化技術により接合部を製作したトランジスタをいう。冷却時にインジウムを多量に含んだp型ゲルマニウムが形成されるが,ベース層の幅の制御がむずかしい。比較的高周波特性がよい。合金接合をつくる操作と一緒に不純物拡散を行い,ベース内に不純物の密度分布をもたせ,より高周波化を目指した合金拡散型トランジスタ alloy diffusion type transistorもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android