製法(読み)せいほう

精選版 日本国語大辞典「製法」の解説

せい‐ほう ‥ハフ【製法・製方ハウ

〘名〙
① つくり方。物をつくる方法。製造法。
※随筆・文会雑記(1782)三「製法を替へて同方の器を作り」
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「誠に希代の製法(セイホウ)にて、極上々の梅花の油に御座候」 〔程敏政‐伝家麺食行〕
② (製方) 特に、薬を調合する方法。
※評判記・色道大鏡(1678)一四「惣じて女の持病なる嫉妬ありとても、是を療治すべき製方(セイホウ)なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android