コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉房 よしふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉房 よしふさ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の福岡一文字派に属し,銘は吉房。同時代に同名の刀工が数人いた。東京国立博物館の「岡田切」など5口(ふり)が国宝に指定されている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よしふさ【吉房】

鎌倉中期の備前福岡の刀工。助房の子。福岡一文字派最盛期の代表的鍛冶。日本刀の刃紋中で最も発達した、華麗な蛙子かわずこ丁子ちようじを焼く。名物「岡田切吉房」の作者。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吉房の関連キーワード豊臣秀勝(1)林原美術館豊臣秀次牧野成春羽柴秀勝羽柴秀保鎌倉時代太田吉勝一条内政吉野拾遺備前物犬山城日秀尼天瑞院日本刀鍛冶則房助真

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉房の関連情報