コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉房 よしふさ

2件 の用語解説(吉房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉房 よしふさ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の福岡一文字派に属し,銘は吉房。同時代に同名の刀工が数人いた。東京国立博物館の「岡田切」など5口(ふり)が国宝に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

よしふさ【吉房】

鎌倉中期の備前福岡の刀工。助房の子。福岡一文字派最盛期の代表的鍛冶。日本刀の刃紋中で最も発達した、華麗な蛙子かわずこ丁子ちようじを焼く。名物「岡田切吉房」の作者。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉房の関連キーワード雲生景秀国真惟宗実経真房重助助延正恒(1)吉平

吉房の関連情報