コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京国立博物館 とうきょうこくりつはくぶつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京国立博物館
とうきょうこくりつはくぶつかん

独立行政法人国立博物館を構成する博物館。所在地は東京都台東区上野公園。 1871年文部省博物局設置,1872年湯島聖堂で日本最初の博覧会が開催され,この年を創立年とする。その後内務省農商務省と所管が変わり,1882年上野公園に移転,1886年宮内省所管となり 1889年帝国博物館,1900年東京帝室博物館改称。 1925年自然史関連の資料を東京博物館 (→国立科学博物館 ) などに移す。 1947年文部省所管となり国立博物館に,1952年東京国立博物館と名称を変更した。 2001年4月の中央省庁改編に伴い文化庁所管の独立行政法人に移行した。所蔵品は『普賢菩薩像』『松林図屏風』『平治物語絵巻』など国宝 91点,重要文化財 618点 (2003年3月現在) をはじめ,美術,工芸,歴史,考古,民俗資料など 10万点以上と国内最大規模を誇る。現在の本館は 1937年竣工で,ほかに表慶館東洋館法隆寺宝物館,資料館,平成館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐こくりつはくぶつかん〔トウキヤウコクリツハクブツクワン〕【東京国立博物館】

東京都台東区上野公園にある博物館。明治5年(1872)湯島聖堂を博物館として博覧会を開催したことに始まり、明治15年(1882)現在地開館。その後、帝国博物館、帝室博物館と改称、昭和22年(1947)国立博物館となり、昭和27年(1952)現名に改称。平成13年(2001)独立行政法人国立博物館の、平成19年(2007)より国立文化財機構管轄となる。国宝重要文化財を含む、日本および東洋の美術・工芸・考古遺品などを多数収蔵。愛称、東博(とうはく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東京国立博物館【とうきょうこくりつはくぶつかん】

東京都台東区上野公園内にある日本最初の博物館。1872年湯島聖堂を陳列館として発足。古来の宝物,歴史的遺品を保存。1882年現在地に移転,1886年宮内省管理となり,1889年帝室博物館と改称,日本における代表的博物館となった。
→関連項目上野公園餓鬼草紙岳翁蔵丘九州国立博物館地獄草紙清水亀蔵松方幸次郎六窓庵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうこくりつはくぶつかん【東京国立博物館】

日本を中心とする東洋諸地域の美術工芸,考古遺物を保管・展示している日本の代表的博物館で,東京都台東区上野公園内にある。陳列館としては,もっぱら日本の古美術を展示する本館,同じく考古遺物を展示する表慶館,中国をはじめとする東洋の美術や考古遺物を展示する東洋館,1878年に法隆寺が皇室に献納した品物を展示する法隆寺宝物館の4館があり,1984年には研究者などに研究資料を公開する資料館が開館した。 国立博物館の創設は1872年(明治5)にさかのぼる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょうこくりつはくぶつかん【東京国立博物館】

東京都台東区上野公園にある博物館。帝室博物館を1952年(昭和27)改称したもの。本館・表慶館・東洋館・法隆寺宝物館などからなり、東洋美術を中心に国宝・重要文化財を多く所蔵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

とうきょうこくりつはくぶつかん 【東京国立博物館】

東京都台東区にある総合博物館。明治5年(1872)創立。略称「東博(とうはく)」。東洋の美術工芸品・考古資料を収蔵・展示する。日本初の博物館。本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館、黒田記念館などからなる。ジョサイア・コンドルが設計した旧本館は関東大震災で甚大な被害を受け、その後昭和天皇の即位を記念して建設された現在の本館(旧東京帝室博物館本館、国指定重要文化財)は昭和13年(1938)開館。建物の原案設計は渡辺仁(じん)。上野公園内にある。
URL:http://www.tnm.go.jp/
住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9
電話:03-3822-1111

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京国立博物館
とうきょうこくりつはくぶつかん

日本最古・最大の美術博物館。東京都台東(たいとう)区上野公園にある。1872年(明治5)9月、神田・湯島のもと聖堂大成殿を博物館にしたのがその初めで、1881年に現在地(旧、寛永寺本坊跡)に移転、イギリスの建築家コンドルの設計による新博物館が開館した。1908年(明治41)には片山東熊(とうくま)設計の表慶館(重要文化財指定。2049平方メートル)が竣工(しゅんこう)、また1923年(大正12)の関東大震災で罹災(りさい)した旧本館にかわって、1938年(昭和13)には現在の本館である新館(設計競技の当選作を伊東忠太(ちゅうた)らの委員が修正。2万2416平方メートル)が開館、この2館は第二次世界大戦の被害を免れ現在に至っている。この間、農商務省の所管から、帝国博物館、さらに帝室博物館と転じ、戦後は1947年(昭和22)新憲法公布とともに国立博物館と改称、さらに1950年の文化財保護法制定に伴い、同保護委員会の付属機関となって東京国立博物館と改称、ついで1968年の文化庁発足と同時にその所管となり、2001年(平成13)4月から独立行政法人国立博物館、2007年4月から独立行政法人国立文化財機構のなかの一つの組織となった。
 施設の面でも1964年に法隆寺宝物館(1697平方メートル)、1968年には谷口吉郎(よしろう)設計の東洋館(1万2531平方メートル)が完成し、既存の2館とあわせて広大な規模に拡充された。法隆寺宝物館は改築され(3980平方メートル)、1999年(平成11)7月開館した。10万2623平方メートルに及ぶ敷地内にはこれらの施設のほか、旧池田屋敷の黒門、旧十輪院宝蔵の校倉(あぜくら)、慶安(けいあん)年間(1648~1652)に金森宗和(そうわ)がつくった茶室六窓庵(ろくそうあん)をはじめ、応挙館、九条館など由緒ある建築の遺構が移建されている。館内の保管陳列品は主として日本およびアジア諸地域の美術・工芸・考古資料などで、あわせて総数11万6268点、うち国宝87件、重要文化財634件(2015年3月末時点)で、ほかに外部からの出品寄託品も3064点に及んでいる。
 博物館のおもな仕事は、これら収蔵品の収集・保管・展示のほか、調査・研究・資料収集などであるが、1984年2月には新しく資料館の建物が完成し、この方面の活動に一段と力を入れるようになった。また企画展のための特別展示場として平成館(1万7981平方メートル)が1999年(平成11)10月開館した。展示は平常陳列(各部門とも定期的に陳列替えが行われている)のほか、内外の特別展が催され、広く一般の観覧に供している。普及活動においても列品解説・講演・講座の開催、情報誌『国立博物館ニュース』、雑誌『Museum』(ともに隔月刊)、目録などの発行、映画・スライドの作成、地方巡回展など各種に及んでいる。
 休館日は毎週月曜日(祝日の場合翌日)と、年末年始。[永井信一]
『東京国立博物館監修『世界の美術館12・13 東京国立博物館』(1966、1967・講談社) ▽東京国立博物館編・刊『東京国立博物館百年史』(1973) ▽東京国立博物館編『東京国立博物館百年史 資料編』(1973・第一法規出版) ▽北村哲郎編『日本の博物館1 日本美の伝統――三大国立博物館』(1982・講談社) ▽新潮社編・刊『こんなに面白い東京国立博物館』(1991) ▽東京国立博物館編『東京国立博物館ガイド/本館編 一歩近づいて見る日本の美術』(1995・東京美術) ▽『週刊朝日百科 日本の国宝41、42、44~47』(1997,1998・朝日新聞社) ▽『週刊世界の美術館86 東京国立博物館』(2001・講談社) ▽東京国立博物館編『Museum』隔月刊(大塚巧芸社) ▽東京国立博物館編・刊『東京国立博物館紀要』各年版』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東京国立博物館の言及

【美術館】より

…その背景には西欧の文化,教育制度を摂取しようとする明治維新の盛んな精神があったことは言うまでもない。こうして最初に生まれたのが1882年設立の現在の東京国立博物館で,その後奈良,京都にも国立博物館が設置されるが,ただそのコレクションはもっぱら日本,東洋の美術品に限られていた。維新における欧化の波は美術界にも及び,多くの芸術家が渡欧してヨーロッパの新旧の美術を学び,〈洋画〉という新しいジャンルも確立されたが,西洋の美術品を系統的に収集しようとする努力はほとんどなされなかった。…

※「東京国立博物館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京国立博物館の関連キーワード松方コレクション前九年合戦絵巻ユリノキちゃん棚橋 源太郎聖徳太子絵伝トーハクくん日本考古学会高橋誠一郎石沢 正男野間 清六四十八体仏中村 渓男稲生 真履鳥高斎栄昌鳥橋斎栄里喜多川月麿浜松図屏風生々流転図喜多川宗典樋口 秀雄

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京国立博物館の関連情報