コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田斐太麻呂 きったの ひだまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田斐太麻呂 きったの-ひだまろ

?-? 奈良時代の医師,官吏。
神護景雲(じんごけいうん)4年(770)外従五位下となる。内薬正(ないやくのかみ),侍医。相模介(さがみのすけ)などをかね,天応元年(781)従五位上にすすむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田斐太麻呂の関連キーワード神護景雲奈良時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android