コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神護景雲 ジンゴケイウン

デジタル大辞泉の解説

じんごけいうん【神護景雲】

奈良時代、称徳天皇の時の年号。767年8月16日~770年10月1日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんごけいうん【神護景雲】

年号(767.8.16~770.10.1)。天平神護の後、宝亀の前。称徳天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じんごけいうん【神護景雲】

日本の元号(年号)。奈良時代の767年から770年まで、称徳(しょうとく)天皇の代の元号。前元号は天平神護(てんぴょうじんご)。次元号は宝亀(ほうき)。767年(天平神護3)8月16日改元。慶雲の祥瑞(しょうずい)により行われたとされる(祥瑞改元)。769年(神護景雲3)に宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)神託事件が起こった。弓削道鏡(ゆげのどうきょう)が、宇佐八幡の託宣を受けて皇位を得ようとしたとされる事件で、神託の確認に赴いた和気清麻呂(わけのきよまろ)により道鏡の野望は阻止された。翌年、称徳天皇が病死すると道鏡は急速に力を失い、下野国の造下野国薬師寺別当に左遷され、772年(宝亀3)に赴任地で没した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

神護景雲の関連キーワード中臣習宜阿曾麻呂宇漢迷宇屈波宇他田舎人千世売吉弥侯部真麻呂粟田奈勢麻呂習宜阿曾麻呂吉田斐太麻呂高丘比良麻呂飛騨高市麻呂高橋波自米女倭姫命世記上道斐太都大座します和気清麻呂宇佐八幡宮二荒山神社大伴部赤男伊福部女王倉橋部広人木使主望足

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android