吉田昌一(読み)よしだ しょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田昌一 よしだ-しょういち

1930-1984 昭和時代後期の農学者。
昭和5年8月25日生まれ。農林省農業技術研究所をへて,昭和41年フィリピンの国際稲研究所(IRRI)に植物生理部長として赴任。18年間在任し,高収量・短期栽培のイネの品種開発,栽培法の改良につくし,「緑の革命」を推進した。昭和59年1月23日死去。53歳。東京出身。北大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android