コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田角丸 よしだ かどまる

1件 の用語解説(吉田角丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田角丸 よしだ-かどまる

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
初代松貫四(まつ-かんし)を立作者とする安永4年(1775)作の「恋娘昔八丈」,天明5年作の「伽羅(めいぼく)先代萩(はぎ)」などに脇作者として名をつらねている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉田角丸の言及

【伽羅先代萩】より

…9段。松貫四(まつかんし),高橋武兵衛,吉田角丸合作。1785年(天明5)1月江戸結城座初演。…

※「吉田角丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone