コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伽羅 きゃら

7件 の用語解説(伽羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伽羅
きゃら

香木の一種。沈香,白檀などとともに珍重された。伽羅はサンスクリット語で黒の意。一説には香気のすぐれたものは黒色であるということからこの名がつけられたという。茶道では真の香とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゃら【×伽羅】

《〈梵〉kālāguruの音写「伽羅阿伽嚧」の略。また、tagaraの音写「多伽羅」の略とも》
ジンコウの別名。香木として有名。
香料の一種。ジンコウなどの香木の樹心から製する良質の香。
伽羅木(きゃらぼく)」の略。
よいものをほめていう語。
「姿こそひなびたれ、心は―にて候」〈浄・十六夜物語〉
江戸時代、遊里で、金銭のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伽羅【きゃら】

香木の一種。サンスクリットカーラーグルの語頭を音写した語で,伽藍,伽楠などとも書写された。熱帯産のジンチョウゲ科の樹木が土中に埋もれ,樹脂が浸出し,香木となったもの。
→関連項目アロマセラピー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゃら【伽羅】

サンスクリットのカーラーグルkālāguruまたはカーラーガルkālāgaruの語頭を音写した語。また,同じく香の一種であるタガラtagara(香炉木と訳される)を音写した多伽羅の語頭を省略したものであるとする説もある。黒沈香(香木)の意である。奇南,伽藍,伽楠などと書写される。葉庭珪の《香録》,洪芻(こうすう)の《香譜》に黒沈香が優品で占城(チャンパ)を産地と記している。黒色で油分の多いものを良品とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゃら【伽羅】

Tagara の音訳「多伽羅」の略。黒沈香の意〕 沈香の最優品。香道で珍重される。主にベトナム産。
「伽羅木」の略。
よいものをほめる語。極上ごくじよう。 「お梅と申してずんど-めでござれども/浄瑠璃・万年草

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

伽羅

ベトナムを主とした東南アジアで採れる、ジンチョウゲ科の常緑高木沈香(じんこう)から採取した香料「沈香」の中で最優品のこと。沈香の生木あるいは古木を土中に埋め、腐敗させて生産する。そのまま小さく割って焚くのが一般的だが、高級な線香の原料としても使用されている。貴重なものとして乱獲されたことから、現在では、絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引を管理・規制する国際条約ワシントン条約」の希少品目第2種に指定されており、許可がないと日本国内に輸入できない。2014年7月、伽羅は今後も価格が上昇することが期待されるため、中国人が私有財産の投資先として目をつけ、買い占めたことにより価格が急騰。伽羅の主な需要先である日本の寺社が困惑していることが報道され、話題となった。

(2014-8-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伽羅
きゃら

香木の銘。東南アジアに産するジンコウ属の樹木を土に埋め、心材から採取する。香道では最高の名香とし、優美、宮人のごとしとして、珍重されている。[猪熊兼勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伽羅の言及

【香道】より

…また稽古用の香木は市井の薬種商で取り扱っていたことは香道の底辺をうかがわせる。 香道に手の届かない人々にとっても香は憧れの的であり,とくに伽羅(きやら)は珍重され,化粧用のみならず,すばらしいもの,高貴,良質,豊饒,稀有なるものの代名詞であった。関白や大大名といえども慎重に扱うべき貴重品であり,分限者も疎略にすべからざるものであった。…

【香木】より

…彼が所持した177種の名香木は死後東山殿の所有に帰したと伝えられる。
[六国五味]
 香木の名称については,伽羅木(きやらぼく),伽藍木(からんぼく),伽南木(かなんぼく),棋楠(きなん),奇楠(きなん)などと諸書に書かれているが,いずれも伽羅のことで,香木の佳品を総称する場合もある。16世紀天正ころの《建部隆勝筆記》,蜂谷宗悟《香道軌範》,さらに《山上宗二記》等には伽羅,羅国(らこく),真南班(真那蛮)(まなばん),真南賀(真那賀)(まなか)および新伽羅の名称が見え,これに佐曾羅(さそら),寸門多羅(すもんだら)を加えて6種に分類し,これを〈香の六国(りつこく)〉と称した。…

※「伽羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伽羅の関連キーワード東南アジア東南アジア史東南アジア条約機構東南アジア中立化宣言東南アジアの工芸東南アジア文学ベトナム東南アジア外交三原則東南アジア美術東南アジア諸国連合(ASEAN)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伽羅の関連情報