コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同時生 どうじせいsyngenetic

岩石学辞典の解説

同時生

ギュンベルが,軟らかい堆積物が硬い岩石に変化する過程について使用したのが最初である[Guembel : 1888].その後ステルツナーが岩石と同時に形成された鉱床に用いた.レヴィンソン─レッシングはこの語を一次鉱物に用いた[Loewinson-Lessing : 1925].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

同時生の関連キーワードダイヤモンド(宝石)海緑石後生的同生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同時生の関連情報