名和 三幹竹(読み)ナワ サンカンチク

20世紀日本人名事典の解説

名和 三幹竹
ナワ サンカンチク

明治〜昭和期の俳人 安楽寺住職。



生年
明治25(1892)年3月4日

没年
昭和50(1975)年5月31日

出生地
山形県

本名
名和 香宝

学歴〔年〕
大谷大学〔大正7年〕卒

主な受賞名〔年〕
茂吉文化賞

経歴
中学時代より作詞し、明治末年ごろ「日本」「層雲」に投句、のち「アカネ」「縣葵」同人となる。東本願寺内事出仕として大谷句仏法主遷化までの20数年間勤務し、句仏の仏弟子、俳弟子として京都俳壇の長老格となる。晩年は郷里の安楽寺住職となり、山形俳壇に寄与。句集に「三幹竹句集」、著書に「乙字句集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android