コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向道湖(読み)こうどうこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕向道湖(こうどうこ)


山口県東部、錦(にしき)川上流の向道ダムによってできた人造湖。向道ダムは、1940年(昭和15)に完成した、発電のほか周南(しゅうなん)工業地帯の工業用水、周南市などの上水道源に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高43.3m、堤長120.9m、面積0.85km2、総貯水容量703万m3)。現存する日本最古の多目的ダムである。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android