コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向道湖 こうどうこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕向道湖(こうどうこ)


山口県東部、錦(にしき)川上流の向道ダムによってできた人造湖。向道ダムは、1940年(昭和15)に完成した、発電のほか周南(しゅうなん)工業地帯の工業用水、周南市などの上水道源に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高43.3m、堤長120.9m、面積0.85km2、総貯水容量703万m3)。現存する日本最古の多目的ダムである。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

向道湖の関連キーワード向道ダム人造湖錦川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android