コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数帯域幅 しゅうはすうたいいきはばfrequency bandwidth

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうたいいきはば【周波数帯域幅 frequency bandwidth】

ある信号の周波数スペクトルの広がりを,その信号の周波数帯域幅という。フィルターや増幅器などの周波数帯域幅は,通過あるいは増幅させうる周波数の広がりで定義される。どちらの場合も,周波数スペクトルがその最大値より3dB低下する二つの周波数間の幅で定義されることが多い。【辻井 重男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

周波数帯域幅の関連キーワードスペクトラム拡散通信方式国際テレビジョン伝送ハリー ナイキストナイキストの定理通信ケーブルテレビ電話自動車電話スタガ回路ADSL進行波管

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android