通過(読み)ツウカ

  • つうか ‥クヮ
  • つうか〔クワ〕
  • とおりすご・す とほり‥
  • とおりす・ぎる とほり‥

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ある場所・時点・状態などを通り過ぎること。「台風が通過する」「通過駅」
試験・検査などを無事に通ること。「審査を通過する」
議会などで議案が可決されること。「法案が国会を通過する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ある地点を通り過ぎること。 台風が九州南端を-する
さしつかえやさまたげがなく、物事が無事すむこと。 検査を-する
議決・裁決・決裁などが行われること。 予算案が議会を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある時点・状態・様子のところを通りぬけること。また、物事がさわりなく無事にすぎること。難なく通ること。通りすぎること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「一友人、其処を通過して」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉二四「巡査の前を通過(ツウクヮ)する」
② 電車・汽車・バスなどが停車場または停留所にとまらないで通りすぎること。
③ 議会などで議案が可決されること。また、願書が許可されることや、試験・検査に合格することにもいう。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「何様な議案が出てもサッサと通過して仕舞ひ」
④ 外国人がある国を経由して他の外国へ行く目的で、経由国に上陸し、その目的に必要な期間滞在して出国すること。
※出入国管理令(1951)二条「通過」
〘自ガ上一〙 とほりす・ぐ 〘自ガ上二〙 通ってその場所を過ぎる。そこを通ってそのまま先へ行く。とおりこす。
※私聚百因縁集(1257)五「自房の中に於て徹(とほ)し照らす。通過(トヲリスクル)
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉二「幾回となく其傍を通過ぎて見た」
〘自サ五(四)〙 =とおりこす(通越)
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)序幕「四ッ谷の馬方は我慢して通(トホ)り過(スゴ)し、淀橋の坂で団子を喰ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通過の関連情報