通過(読み)ツウカ

デジタル大辞泉の解説

つう‐か〔‐クワ〕【通過】

[名](スル)
ある場所・時点・状態などを通り過ぎること。「台風が通過する」「通過駅」
試験・検査などを無事に通ること。「審査を通過する」
議会などで議案が可決されること。「法案が国会を通過する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうか【通過】

( 名 ) スル
ある地点を通り過ぎること。 「台風が九州南端を-する」
さしつかえやさまたげがなく、物事が無事すむこと。 「検査を-する」
議決・裁決・決裁などが行われること。 「予算案が議会を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つう‐か ‥クヮ【通過】

〘名〙
① ある時点・状態・様子のところを通りぬけること。また、物事がさわりなく無事にすぎること。難なく通ること。通りすぎること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「一友人、其処を通過して」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉二四「巡査の前を通過(ツウクヮ)する」
② 電車・汽車・バスなどが停車場または停留所にとまらないで通りすぎること。
③ 議会などで議案が可決されること。また、願書が許可されることや、試験・検査に合格することにもいう。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「何様な議案が出てもサッサと通過して仕舞ひ」
④ 外国人がある国を経由して他の外国へ行く目的で、経由国に上陸し、その目的に必要な期間滞在して出国すること。
出入国管理令(1951)二条「通過」

とおり‐す・ぎる とほり‥【通過】

〘自ガ上一〙 とほりす・ぐ 〘自ガ上二〙 通ってその場所を過ぎる。そこを通ってそのまま先へ行く。とおりこす。
※私聚百因縁集(1257)五「自房の中に於て徹(とほ)し照らす。通過(トヲリスクル)
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉二「幾回となく其傍を通過ぎて見た」

とおり‐すご・す とほり‥【通過】

〘自サ五(四)〙 =とおりこす(通越)
歌舞伎四千両小判梅葉(1885)序幕「四ッ谷の馬方は我慢して通(トホ)り過(スゴ)し、淀橋の坂で団子を喰ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通過の関連情報