周波数特性(読み)しゅうはすうとくせい

精選版 日本国語大辞典「周波数特性」の解説

しゅうはすう‐とくせい シウハ‥【周波数特性】

〙 ある装置、あるいは機器のいろいろな入力周波数に対する出力の応答特性。利得特性と位相特性がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の周波数特性の言及

【オーディオ】より

…トータル5.1チャンネル方式に対しては3-2方式にサブウーファを加えることとしている。聴取位置における音場は部屋の音響特性の影響を受けるので,聴取者の中には,スピーカーシステムから聴取位置までの音の伝送周波数特性をグラフィックイコライザーにより電気的に調整し,最適状態で聴取する方法も行われている。
[歴史]
 1876年にベルA.G.Bellが電磁型マイクロホンを発明し,その後,電気音響技術の進歩に伴ってレコードと放送の分野を中心にオーディオの分野が生まれて発達した。…

※「周波数特性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android