コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周辺光量 シュウヘンコウリョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうへん‐こうりょう〔シウヘンクワウリヤウ〕【周辺光量】

カメラのレンズなどの光学系における、光軸(レンズの中心軸)周辺部の明るさのこと。一般に周辺部に行くに従い暗くなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

周辺光量

 レンズは中心が明るく、周辺ではやや暗くなる性質があり、この周辺の明るさをこう呼ぶ。周辺光量が不足しているレンズでは、画面上でも四隅が暗くなるのでよく分かる。特に 広角レンズ 、中でも大口径なレンズほど目立つことが多い。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

周辺光量の関連キーワードレトロフォーカス全天カメラビオゴン有効口径周辺減光

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周辺光量の関連情報