光学系(読み)コウガクケイ

大辞林 第三版の解説

こうがくけい【光学系】

光の反射・屈折などを利用して、物体の像を生じさせる器具のまとまり。レンズ・プリズム・反射鏡などの組み合わせ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の光学系の言及

【レンズ】より

…構成要素の一部に反射鏡を含んだ場合(カタディオプトリック系)や球面以外の曲面を用いる場合もある。レンズの個数の多少や反射性,屈折性の違い,非球面の導入といった細部にこだわらず,広くレンズと同じ働きをするものを光学系と総称する。 レンズによる像は,レンズの収差によるぼけ,色づき,歪みなど,および光の波動性(回折)によるぼけなどのために,物体の忠実な再現ではない。…

※「光学系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光学系の関連情報