光学系(読み)こうがくけい

精選版 日本国語大辞典 「光学系」の意味・読み・例文・類語

こうがく‐けい クヮウガク‥【光学系】

〘名〙 光線を曲げたり、収斂(しゅうれん)させたり、発散させたりするための、光源レンズ、鏡、プリズムなどの組み合わせ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「光学系」の意味・読み・例文・類語

こうがく‐けい〔クワウガク‐〕【光学系】

光線の性質を利用して物体の像をつくる器具の一まとまり。光を集中・発散・反射屈折させるためのレンズ反射鏡プリズムなどの組み合わせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の光学系の言及

【レンズ】より

…構成要素の一部に反射鏡を含んだ場合(カタディオプトリック系)や球面以外の曲面を用いる場合もある。レンズの個数の多少や反射性,屈折性の違い,非球面の導入といった細部にこだわらず,広くレンズと同じ働きをするものを光学系と総称する。 レンズによる像は,レンズの収差によるぼけ,色づき,歪みなど,および光の波動性(回折)によるぼけなどのために,物体の忠実な再現ではない。…

※「光学系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android