周辺海域(読み)しゅうへんかいいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周辺海域
しゅうへんかいいき

海上自衛隊が作戦行動を実施する海域をいう。また,航空自衛隊が作戦行動を実施する空域を周辺空域という。基盤的防衛力構想によれば,海上自衛隊は,対潜哨戒機などによる哨戒海域として太平洋側は約 300カイリ,日本海側は約 100~200カイリをめどとし,これを周辺海域としている。また周辺空域とは,全国 28ヵ所に配置された航空警戒管制部隊 (レーダ) によってカバーされる防空識別圏とおおむね同じ空域である,と解釈されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周辺海域の関連情報