呵責の鬼(読み)かしゃくのおに

  • かしゃく
  • の 鬼(おに)
  • 呵責

精選版 日本国語大辞典の解説

地獄で罪の重い亡者を責める鬼。人の心を激しく責め立てるもののたとえ。
※談義本・根無草(1763‐69)後「呵責(カシャク)の鬼の催促は、日なしの親方火の車をめぐらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android