催促(読み)さいそく

精選版 日本国語大辞典「催促」の解説

さい‐そく【催促】

〘名〙 早くするようにせかすこと。せっつくこと。特に、課役や借金の徴収をせまったり、軍勢の徴発を要請したりすること。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)三「催促(サイソク)をも待たず、諸国の軍勢、夜、昼引きも切らず」
※俳諧・犬子集(1633)二「花さけと催促するや雨の声〈祐伝〉」 〔古蒿辞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「催促」の解説

さい‐そく【催促】

[名](スル)物事を早くするようにうながすこと。督促。「矢の催促」「返事を催促する」
[類語]督促迫る要求強請きょうせい強迫強談ごうだん催告付く責め立てる求めるせつく催促がましいせがみ立てる急き立てる急かせる尻を叩く矢の催促やいのやいの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「催促」の解説

【催促】さいそく

うながす。〔古楽府里〕伯(霊界の支配者)一に何ぞ相ひ催促する 人命少(しばら)くも踟(ちちゆ)(たちもとおる)することを得ず

字通「催」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android