呼損率(読み)コソンリツ

デジタル大辞泉の解説

こ‐そんりつ【呼損率】

通信回線(設備)の容量不足によって、通信または通話がつながらない割合。要求された全呼量に対し、実際につながらなかった呼量を割った値で表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呼損率の言及

【トラヒック】より

…輻輳率にはシステムの対象によっていろいろなパラメーターが定義されている。例えば電話交換網のような即時式交換系では呼損率がある。これは回線全話中のために生起した呼を接続できない確率である。…

【待ち行列】より

…待ち行列に代表される混雑に関する理論を待ち行列論queuing theoryと呼び,歴史的には,電話交換システムの回線数決定の理論として1910年ころに始められた。最初の著しい成果は,17年にアーランA.K.Erlangによって得られた呼損率の公式であって,全世界の電話事業の発展に大きく貢献した。その後,30年代から40年代にかけての先駆的な研究を経て,50年以降になると飛躍的に研究が進み,オペレーションズリサーチの中心的手法とみなされるにいたった。…

※「呼損率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android