通話(読み)ツウワ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)電話で話をすること。「通話内容を記録する」
[接尾]助数詞。電話で話をするときの一定時間の長さを単位として、その回数を数えるのに用いる。「三通話分の料金」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

[0] スル
電話で話をすること。 -不能
電話で話をするときの一定時間の長さの単位。
接尾
助数詞。
の回数を数えるのに用いる。 三-分の料金

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 電話で話をすること。また、接尾語的に用いて通話時間の単位およびその回数をいう。
※時事新報‐明治一六年(1883)六月三〇日「自在に通話の出来る仕込なりとぞ」
② 唐話のこと。
※随筆・独寝(1724頃)下「通話に猜一猜とよぶ時はなんこをせよと也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通話の関連情報