設備(読み)せつび

精選版 日本国語大辞典「設備」の解説

せつ‐び【設備】

〘名〙 ある目的に必要な器物、装置、建物などを備えること。また、そのもの。
※英和対訳袖珍辞書(1862)「Season, -ed, -ing, v. a. 設備スル」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉五「電信を演戯場(〈注〉しばいば)に通じ、預め観場の設備を約談すと云ふ」 〔史記‐孝文紀〕

まけ‐そな・う ‥そなふ【設備】

〘他ハ下二〙 設け備える。準備する。
※古事記(712)上(古事記伝訓)「告(の)りたまへる随(まま)にして、如此(かく)設備(マケソナヘ)て待(ま)つ時に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「設備」の解説

せつ‐び【設備】

[名](スル)必要な建物・機器などを備えつけること。また、備えつけたもの。「下水の設備が整う」「情報機器を設備する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android