和島貞二(読み)わじま ていじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和島貞二 わじま-ていじ

1875-1925 明治-大正時代の実業家。
明治8年4月18日生まれ。大正3年北千島で(かに)缶詰製造をはじめ,5年北千島水産組合初代組合長となる。10年には民営初の蟹工船,喜多丸,喜久丸を導入して沿海州沖で操業,船式蟹漁業の企業化に成功した。大正14年死去。51歳。石川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和島貞二

生年:生没年不詳
大正期の実業家。石川県生まれ。北千島で大正5,6(1916,17)年ごろから蟹缶詰事業を営む。富山県水産講習所船呉羽丸の9年度の蟹刺網漁業の成功を知り,10年沿海州沖で民間初の工船式蟹漁業を行う。これを契機に工船式蟹漁業が発達する。北千島水産会初代会長。<参考文献>岡本信男編『日魯漁業経営史』

(足立泰紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android