コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和沢含山 わざわ がんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和沢含山 わざわ-がんざん

1858-1927 明治-昭和時代前期の陶工。
安政5年生まれ。石川県勧業場で尾形周平らにまなぶ。富山県にまねかれ越中焼,福光焼を指導。明治33年友田安清にしたがって兵庫県出石(いずし)郡立製陶所でおしえた。のち郷里金沢にかえり製陶に従事。昭和2年死去。70歳。姓ははじめ岸。名は橘三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和沢含山の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助ケクレ伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone