石川県(読み)いしかわ

  • いしかわけん いしかは‥
  • いしかわけん〔いしかは〕
  • 石川〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 4186.09km2
人口 115万4008(2015)。
年降水量 2398.9mm(金沢市)。
年平均気温 14.6℃(金沢市)。
県庁所在地 金沢市
県木 アテ(→アスナロ)。
県花 クロユリ
県鳥 イヌワシ

本州中央部,日本海に面する北陸地方の県。日本海に突出する能登半島を含む県域は南北に細長い。南半の加賀地方は県の中心地域金沢平野を主体に,東部は白山を主峰とする両白山地 (白山山系) が岐阜・福井・富山県との県境をなす。両白山地の北への延長は富山県との境をなし,倶利伽羅 (くりから) 峠を経て宝達丘陵へ続く。日本海岸には内灘砂丘などの砂丘が続く。北部の能登半島は奥能登丘陵など丘陵性の山地で,宝達丘陵との間に邑知潟 (おうちがた) 平野がある。気候は日本海岸気候で,冬の降雪は特に南部の手取川の中・上流域に多い。かつての加賀国能登国にあたり,江戸時代には前田氏の所領で,300年にわたり独特の文化圏を構成してきた。 1883年に現域となる。金沢平野は手取川の扇状地をはじめ水田率が高いが,河北潟干拓地では,牧畜,畑作も行われている。江戸時代から羽二重加賀友禅,輪島・山中の漆器,寺井・金沢の九谷焼,金沢の金箔,七尾の煉瓦などの特産が興った。明治以後,輸出用の羽二重から人絹,合成繊維の織物工業へと移り,工場も金沢平野から能登へ展延した。近年の機械工業としては,金沢の織機,小松の建設機械,加賀の自転車部品などがあげられる。白山国立公園,能登半島および越前加賀海岸国定公園に加え,金沢の城下町,加賀温泉郷など観光資源に恵まれる。金沢には水戸の偕楽園,岡山の後楽園とともに日本三名園の一つ,特別名勝兼六園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

北陸甲信越地方西部に位置する県。西南から東北に向かって細長い。南部には加賀平野、北部には能登半島がある。金沢は日本でも有数の城下町で歴史の面影を残す。気候は日本海側気候型であり、冬期は雪の降る日が多い。機械工業が盛ん。県花は、クロユリ。県木は、あて。県鳥は、イヌワシ。

[石川県のブランド・名産品]
石川の和紙 | 牛首紬 | 打木赤皮栗かぼちゃ | 大野醤油 | 加賀毛針 | 加賀つるまめ | 加賀繍 | 加賀太きゅうり | 加賀蒔絵 | 加賀みそ | 加賀野菜 | 加賀友禅 | 加賀れんこん | 金沢青かぶ | 金沢一本太ねぎ | 金沢漆器 | 金沢箔 | 金沢仏壇 | かほっくり | 桐工芸 | 九谷焼 | 小松瓦 | 沢野ごぼう | 珠洲焼 | 田鶴浜建具 | 中島菜 | 七尾仏壇 | 能州紬 | 能登牛 | 能登大納言 | 檜細工 | 二塚からしな | 美川仏壇 | 山中漆器 | 輪島塗 | 輪島の海女採りサザエ

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中部地方北西部の県。加賀・能登の二国を含む。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、金沢県から石川県となり、一時は越中・越前を併せたが、同一六年に現在の県域となる。県庁所在地は金沢市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県の関連情報