コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山県 とやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山〔県〕
とやま

面積 4247.61km2(境界未定)。
人口 106万6328(2015)。
年降水量 2300.0mm(富山市)。
年平均気温 14.1℃(富山市)。
県庁所在地 富山市
県木 タテヤマスギ(→スギ)。
県花 チューリップ
県鳥 ライチョウ

本州のほぼ中央部,日本海側の県。北は富山湾にのぞみ,東は立山連峰と後 (うしろ) 立山連峰,南は飛騨山地,西は宝達丘陵と両白山地に囲まれる。黒部川,早月川,常願寺川,神通川,庄川,小矢部川などが急峻な山地から流出して複合扇状地を形成し,神通川以西の海岸では複合デルタも発達。日本海岸気候で,冬季は北西季節風が強く,積雪が多い。春から初夏にかけてはフェーン現象があり,火災誘発の原因となっている。古代の越中国にあたり,奈良時代から開拓が進んで荘園もおかれた。天正8 (1580) 年佐々成政の領有となったが,江戸時代は大部分が加賀藩に属し,富山市を中心に支藩の富山藩がおかれた。 1883年現在の県域が決定。富山平野は典型的な水稲単作地帯。西部の砺波平野や東部の黒部川扇状地ではチューリップの球根栽培が行われている。大正初期から始った電源開発による豊富な電力と水を利用して電解,電炉による化学肥料,製鉄,さらに紡績を中心とする富山高岡工業地域が発達。また,第2次世界大戦後は放生津潟 (ほうじょうづがた) に富山新港が開かれた。ほかに富山市の製薬と家庭配置薬業,砺波平野の織物,高岡市の銅器など近世以来の特産品がある。湾岸では漁業も盛んで,特に氷見港はブリの定置網漁で知られる。東部の立山連峰,黒部峡谷一帯は中部山岳国立公園に含まれ,立山黒部アルペンルートの完成により観光客が増加している。北西部の能登半島基部の灘浦,有磯海 (ありそうみ) は能登半島国定公園の一部。富山湾に面する平野部を JR北陸本線,国道8号線,北陸自動車道が東西に,富山市より高山本線,国道 41号線が中央部を南北に通り,太平洋岸の東海地方と連絡している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とやま‐けん【富山県】

富山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕富山〈県〉(とやま〈けん〉)


中部地方北部、日本海に面する県。
東は新潟県・長野県、南は岐阜県、西は石川県に接する。豊かな水力発電に支えられた日本海側有数の工業県。立山(たてやま)連峰・黒部(くろべ)峡谷などの恵まれた大自然が観光客を魅了する。人口108万7544。面積4247.61km2。人口密度256.04人/km2。管轄市町村は10市4町1村。県庁所在地は富山市。県花はチューリップ。
歴史を見ると、旧石器時代の遺跡のほか、不動堂(ふどうどう)遺跡・大境洞窟(おおざかいどうくつ)住居跡など大規模な縄文時代・弥生時代の遺跡が点在。4世紀以降に地方豪族の古墳が出現する。7世紀後半、北陸一帯をさす越国(こしのくに)が越前(えちぜん)・越中(えっちゅう)・越後(えちご)に三分され、本県域は越中国に相当。中世は源平による倶利伽羅(くりから)峠の戦い、承久(じょうきゅう)の乱、南北朝の内乱など東西勢力の抗争の場となった。戦国時代は神保(じんぼ)氏・椎名(しいな)氏の2大勢力に加え、上杉(うえすぎ)氏・織田(おだ)氏の勢力が侵入。一向一揆(いっこういっき)勢力も介在して複雑な様相を呈した。江戸時代は金沢藩前田(まえだ)氏の領地となり、その支藩富山藩もおかれた。産業振興が盛んに行われ、売薬業などが発展。1871年(明治4)の廃藩置県で富山県(のち新川(にいかわ)県と改称)が誕生。その後石川県との合併・分離を経て、1883年に現県域の富山県が確定した。大正期には米騒動の発端となり、また第二次世界大戦後は神通(じんずう)川流域でカドミウムによるイタイイタイ病が発生して公害問題となった。
地勢を見ると、県域は東西にやや長く、富山湾を囲むようにしてW字形を呈する。東に飛騨(ひだ)山脈、南に飛騨高地、西に宝達(ほうだつ)丘陵と両白(りょうはく)山地北端部が延び、これらの山地に源を発する黒部川・常願寺(じょうがんじ)川・神通川などが複合扇状地の富山平野を、庄(しょう)川・小矢部(おやべ)川などが砺波(となみ)平野を形成する。気候は、豪雪とフェーン現象を特徴とする日本海岸式気候。東部と南部の山地は有数の豪雪地帯として知られる。
産業は、農業では、耕地面積の約96%を水田が占める(全国第1位)典型的な米の単作地帯で、全国一の生産量を誇るチューリップ球根を中心にスイカ・ナシ・ダイズ・カブなども栽培される。漁業では、漁獲量は少ないが、ブリ・ベニズワイガニ・ホタルイカ・トヤマエビなどが特産。第二次産業の就業者数の割合が高く、工業県の性格が強い。富山市・高岡(たかおか)市を中心とする臨海部は新産業都市区域に指定され、金属・鉄鋼・化学・製紙・アルミなどの重化学工業地帯を形成。砺波平野内陸部には木工・繊維などの軽工業が立地する。また、黒部市周辺にはアルミ関連工場が進出し、とくにファスナーは全国の大部分を生産する。これら近代工業とともに江戸時代以来の伝統工業も盛んで、家庭用配置薬・銅器・漆器・菅笠(すげがさ)・欄間(らんま)・仏壇などが有名。持ち家率は全国トップクラス。
観光では、日本有数の山岳景観地として知られる黒部峡谷や立山は中部山岳国立公園を代表する景勝地。立山黒部アルペンルートが称名(しょうみょうの)滝・弥陀ヶ原(みだがはら)・室堂(むろどう)・黒部ダムなどを結ぶ。宇奈月温泉経由で黒部峡谷を探訪するルートも人気。富山湾西岸の雨晴(あまはらし)海岸などは能登(のと)半島国定公園に属する。民俗芸能の越中の稚児舞(ちごまい)をはじめ、伝統行事の魚津(うおづ)のタテモン行事(魚津市)、城端神明宮祭(じょうはなしんめいぐうさい)の曳山(ひきやま)行事(南砺(なんと)市)、高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)の御車山行事(高岡市)、滑川(なめりかわ)のネブタ流し(滑川市)などは国の重要無形民俗文化財に指定されている。1995年(平成7)に岐阜県の白川郷とともに、「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産(文化遺産)に登録された五箇山(ごかやま)地方(南砺市)は、「こきりこ節」などの民謡でも名高い。また富山市八尾(やつお)町で9月初めに行われるおわら風(かぜ)の盆(ぼん)の人気も高い。
射水市
魚津市
小矢部市
黒部市
下新川郡
高岡市
砺波市
富山市
中新川郡
滑川市
南砺市
氷見市

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

富山県

北陸甲信越地方北部に位置する県。三方を北アルプスの立山連峰などの急峻な山岳地帯に囲まれ、中央には平野が広がり、富山湾、日本海へと開けている。豊かな自然環境に恵まれ、植生自然度本州一として知られる。気候は日本海側気候型。農業・水産業が盛ん。県花は、チューリップ。県木は、タテヤマスギ。県鳥は、ライチョウ。県魚は、ブリ・シロエビ・ホタルイカ。県獣は、ニホンカモシカ。

[富山県のブランド・名産品]
井波彫刻 | 越中和紙 | 加積りんご | 黒部米 | 五箇山かぶ | 庄川挽物木地 | 高岡漆器 | 高岡銅器 | 高岡仏具 | チューリップ | 富山名産 昆布巻かまぼこ | 入善ジャンボ西瓜 | 氷見の寒ブリ | 平野だいこん | ホタルイカ

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

富山県の関連キーワード富山県富山市水橋柴草市田袋沖三ケ村入会地富山県黒部市愛本橋爪東官林地内富山県富山市水橋下砂子坂新富山県富山市水橋市江新町富山県富山市水橋上砂子坂富山県富山市四方恵比須町富山県富山市四方東野割町富山県富山市水橋高志園町富山県富山市四方西野割町富山県富山市山室荒屋新町富山県富山市水橋下砂子坂富山県富山市四方野割町富山県富山市水橋伊勢領富山県富山市水橋山王町富山県富山市四方二番町富山県富山市東田地方町富山県富山市東富山寿町富山県富山市四方神明町富山県富山市四方茶園町富山県富山市水橋市田袋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山県の関連情報