コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸鏡山脈 かんきょうさんみゃく

1件 の用語解説(咸鏡山脈の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咸鏡山脈
かんきょうさんみゃく / ハムギョンサンメク

朝鮮半島北東部の東海岸日本海側)寄りに、北東から南西に走る山脈。山体は花崗片麻(かこうへんま)岩、花崗岩からなる。山脈中には朝鮮第二の山である冠帽峰(2541メートル)をはじめ、渡正山(2201メートル)、机上峰(2277メートル)、万塔山(2205メートル)などの2000メートル級の高峰がそびえ、いわゆる朝鮮のアルプス地帯である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の咸鏡山脈の言及

【咸鏡道】より

…現在は朝鮮民主主義人民共和国に属し,後述のように2直轄市,3道に分かれている。
[自然]
 本道の中央を北東から南西方向へ標高2000m以上の咸鏡山脈が走り,本道のほぼ全域を山地が覆っている。咸鏡山脈の南東斜面はところどころに数百mの断層崖を発達させた山地が日本海沿岸まで迫り,広い平地がほとんどみられない。…

※「咸鏡山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone