コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸鏡山脈 かんきょうさんみゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咸鏡山脈
かんきょうさんみゃく / ハムギョンサンメク

朝鮮半島北東部の東海岸(日本海側)寄りに、北東から南西に走る山脈山体は花崗片麻(かこうへんま)岩、花崗岩からなる。山脈中には朝鮮第二の山である冠帽峰(2541メートル)をはじめ、渡正山(2201メートル)、机上峰(2277メートル)、万塔山(2205メートル)などの2000メートル級の高峰がそびえ、いわゆる朝鮮のアルプス地帯である。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の咸鏡山脈の言及

【咸鏡道】より

…現在は朝鮮民主主義人民共和国に属し,後述のように2直轄市,3道に分かれている。
[自然]
 本道の中央を北東から南西方向へ標高2000m以上の咸鏡山脈が走り,本道のほぼ全域を山地が覆っている。咸鏡山脈の南東斜面はところどころに数百mの断層崖を発達させた山地が日本海沿岸まで迫り,広い平地がほとんどみられない。…

※「咸鏡山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

咸鏡山脈の関連キーワードハムギョンプク(咸鏡北)道朝鮮民主主義人民共和国リャンガン(両江)道トゥマン(豆満)江クアンモ(冠帽)峰プクチョン(北青)キルチュ(吉州)蓋馬高原朝鮮半島咸鏡北道花崗岩冠帽峰咸鏡道赴戦江会寧北青朝鮮端川

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android