コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠帽峰 カンボウホウ

4件 の用語解説(冠帽峰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんぼう‐ほう〔クワンボウ‐〕【冠帽峰】

朝鮮民主主義人民共和国にある山。白頭山の東方にあり、朝鮮半島第2の高峰で、標高2541メートル。クワンモボン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

冠帽峰【かんぼうほう】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道蓋馬(かいま)高原北東端にある咸鏡山脈の主峰。標高2541m。白頭山に次ぐ朝鮮第2の高山。花コウ岩と花コウ片麻岩よりなる。
→関連項目朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんぼうほう【冠帽峰 Kwangmo‐pong】

朝鮮半島北東部を北東から南西方向に走る咸鏡山脈中の主峰。標高2541mは白頭山に次ぎ第2位。全山が花コウ岩からなる高峻な山だが,西麓は緩斜面をなす茂山高原の一画を占め,東麓は急崖をなし,東海岸地方からの接近を拒んでいる。豆満江の支流延面水や漁郎川,朱乙温川等の水源地となっており,とくに朱乙温川渓谷には北朝鮮第一の温泉保養地とされる朱乙温泉がある。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠帽峰
かんぼうほう / クワンモポン

北朝鮮、咸鏡北道(かんきょうほくどう/ハムギョンプクド)にある朝鮮第二の高峰。標高2541メートル。朝鮮半島北東部の広大な地域を占める蓋馬(かいま/ケーマー)高原の北東辺で、北東から南西に走る咸鏡山脈の主峰である。山体は花崗(かこう)岩と花崗片麻(へんま)岩からなっているが、構造侵食作用を受けており、山頂の一部には隆起前の高位置準平原が残り、氷食地形も一部に認められている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠帽峰の関連キーワード魚沼丘陵金沢平野九州山地芸予諸島興安嶺朝鮮半島筑紫山地沃沮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone